■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2017年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

職人の自信と誇り 6月26日掲載
職人の自信と誇り
 
 相良氏は、鎌倉時代初期からおよそ七百年間にわたり国替えや改易に遭うことなく、人吉球磨の地を支配しました。もし支配者が交替していたら、現在の街並みや青井阿蘇神社をはじめとする歴史的建造物の意匠は、違ったかたちで伝えられたと思います。
 支配者や藩主の交替は、地域に暮らす人たちにも、大変な影響を与えます。長きにわたる相良氏の一元的な支配は、大工や職人も親から子、子から孫を中心に代々受け継がれ、独自の伝統や文化を醸成し展開していったようです。
 拝殿正面の向拝(こうはい)は造営当時からのものではなく、江戸時代中期に新設されましたが、ここの石張りは、定形のものを用いず、形状異なる大小の切石五十四枚がすき間なく複雑に敷きつめられています。当時、職人は藩からの命(めい)で仕事に携わりますが、藩主の信仰厚い神社の玄関口ですから、藩内一の腕を持つ職人が指名され、もてるすべての技と心を発揮したと思われます。
「神様、殿様いかがですか」
「後に続く職人たちよ、俺の技と心を受け継いでくれ」と願ったに違いありません。
 現在の青井阿蘇神社は、造営から十三回の修理工事の記録が残されています。その時々の大工や職人たちの自信と誇りが、およそ四百年の時を超えた今、栄えある国宝を誕生させ、たくさんの人びとを惹(ひ)きつけてやまないのだと思います。

| - | 05:36 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











PAGE TOP ↑