トップページへ
▼青井阿蘇神社について
-神-御祭神 鎮座の由来
-匠-職人の技 建造物
-祭-神々を祀る 三大祭
-儀-人生の節目に祈る
-蔵-画像で見る今昔風景
▼随時更新
言霊指南(ブログ)
日々雑観(ブログ)
▼境内を探索
神社へ行こう!
青井阿蘇神社
境内見取図アクセスリンク
<祭>神々を祀る 三大祭
トップページ > 稲荷神社「初午」

稲荷神社 初午
【稲荷神社の初午の祭り】

 農耕を司る宇迦霊神(うかのみたまのかみ)を祀った稲荷神社の初午は、旧暦2月の初午日に盛大に斎行されます。これは稲荷神社の本社であります京都伏見稲荷大社の神様が、和銅4年(711年)の2月の初午日の午の刻(正午頃)に天下られたことに由来し、全国各地の稲荷神社でも同様の初午の祭が行われます。
 もともと「稲荷」は「稲成」の意味があり、稲が立派に成育することを意味し、五穀(食物)をつかさどる農業の神として厚い信仰が寄せられ五穀豊穣や福徳を祈願するものでしたが、江戸時代頃からは商工業が発達するに従い、稲荷の神様は衣食住を司り諸産業の神としての性格が強くなり、商家や町家のいたるところに祀られるようになったようです。


【稲荷神社の鎮座由来】

 ご鎮座は宝歴9年(1759年)相良第27代頼央(よりひさ)の時代。
 当時の人吉は度重なる災害や藩主の交代で経済的にも疲弊しており、豊饒と藩内安泰を願い祈り勧請創建されました。

 

▲このページのトップへ
青井阿蘇神社 住所・お問い合わせ