トップページへ
▼青井阿蘇神社について
-神-御祭神 鎮座の由来
-匠-職人の技 建造物
-祭-神々を祀る 三大祭
-儀-人生の節目に祈る
-蔵-画像で見る今昔風景
▼随時更新
言霊指南(ブログ)
日々雑観(ブログ)
▼境内を探索
神社へ行こう!
青井阿蘇神社
境内見取図アクセスリンク
<匠>職人の技 建造物
トップページ > 緋牡丹お龍の牡丹の刺青

社殿の八龍

 主祭神は健磐龍命ですが、その神名にちなんでか本殿をはじめとする一連の御社殿には八体の龍が身を潜めています。
まず、本殿左右側面の破風板下にそれぞれ昇竜・降龍の彫刻として合計四体、本殿と幣殿をつなぐ廊には幣殿側より向かって右側に剣を巻き込む龍、左側に鐘を巻き込む龍が阿吽の形相で彫刻されています。この剣は「不動」を、鐘は「解脱」を意味します。
 また楼門の天井には雌雄二体の龍が描かれています。彩色が剥離し一見しがたいのですが、その昔、毎夜連れだって天井を抜け出し、神社正面の蓮池に水を飲みにいっていたとの伝説があり、当時の人々がその姿を恐れた為故意にその姿を隠したと伝えられています。



青井阿蘇神社に見る職人の技
楼門 人吉様式 緋牡丹お龍の牡丹の刺青
社殿の八龍 二十四孝



▲このページのトップへ
青井阿蘇神社 住所・お問い合わせ